×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外的コントロールとは


現代はたいへん科学技術は発達しています。しかし、人類の精神面は昔より多少良くなった程度でしょう。物質的には恵まれていても不幸な人はたくさんいます。

たとえば放送されているテレビドラマを見てみてください。登場人物どうしの会話のやり取りは基本的に程度が悪く、コミュニケーションの「いろはのい」すらわきまえていないのではないか、というシーンが多過ぎると思います。実際の社会生活はもう少しましかもしれませんが、まあ似たようなものでしょう。

著名な『選択理論』ですら、20世紀後半にようやく出現したというのが実情なのです。いきなりで恐縮ですが、さわりだけご紹介します・・・


『選択理論』心理学の大家ウイリアム・グラッサー博士(William Glasser, 1925~ )によると、

1. ひとが不幸な理由の大半は、満足できる人間関係を持っていないからである。

2. ひとが満足できる人間関係を持っていないのは、どちらかあるいは両方が、関係を改善しようとして、外的コントロール心理学を用いているからである。

3. そのような関係からは苦痛がもたらされるので、どちらかあるいは両方が、相手が用いている外的コントロールから逃れようとしている。

外的コントロール心理学の表れ方は、致命的な7つの習慣となる。

1. 批判する、2.責める、3.文句を言う、4.ガミガミ言う、5.脅す、6.罰する、7.ほうびで釣る。

この習慣が実践されるところでは、基本的欲求が充足されず、問題が発生する。

何ひとつ間違ったことは言ってないですね?

この程度のことは自明であるはずなのですが、どっこいそうはいかず、人類の大半はまだこの考え方 --- 外的コントロールこそ諸悪の根源 --- に目覚めていないのです。

ほとんどの人が批判する、責める、文句を言う、ガミガミ言う、脅す、罰する、ほうびで釣る、といった外的コントロールで相手を変えられる、いや変えなければならない、と信じ込んでいます。その結果、お互い不愉快極まりない思いをして、ストレスを抱え、悲劇を生んでいるのです。

一時的に強制できたとしても、人は外的コントロールでは変えられないというのが真相です。しかし驚くなかれ、この単純な事実がほとんど理解されていないのです。人類は精神的にまだまだ発展途上、というしかありません。

ちなみに外的コントロールの観点から巷間のテレビドラマをじっくり観察してみてください。批判する、責める、文句を言う、ガミガミ言う、脅す、罰する、ほうびで釣る、といった外的コントロールがいかに多く使われているか、唖然とすることでしょう。新聞の社会面の三面記事も同様です。そして悲劇の源泉こそ外的コントロールである、と納得できるはずです。

あなたの職場を観察してみましょう。ストレスを感じる職場は例外なく外的コントロールが横行しているものです。もしあなたの職場がそうであれば、仕事のことを考えるだけで気が重いことでしょう。あなたの家庭はどうですか?外的コントロールが用いられているなら、家庭は円満さに欠け、家族は時として不愉快な思いをしているのではありませんか。

個人的にも外的コントロールの環境下で生活せざるを得なかった一時期があります。全くいい思い出が残っていません。軋轢のあれこれを思い出すだけで憂鬱になります。楽しかったのはもちろん外的コントロールと無縁であった日々です。

夫婦の会話とか子育てといったものも、外的コントロールさえ使わなければ、大きな失敗はないと思っています。あとはきちんと挨拶するとかいった習慣を身につければよいだけですから。ちなみに個人的には外的コントロールゼロが信条です。お陰さまで家庭で軋轢はほとんど経験していません。快適そのものです。


コーチングは質問型コミュニケーション


では、どうすれば外的コントロールを使わなくて済むのでしょうか。一言でいうと質問型のコミュニケーションを使い、相手に取るべき行動を自ら選択してもらえばいいのです。たとえばこんな感じです。

「君はどうしたらいいと思うんや?」
「でも、そうすると ・・・ という問題が出るやろ?それはどうするんや?」
「う~ん、その考え方は賛成でけへんな。たとえば ・・・ というのはどうや?」
「その通りやな。じゃあ、それはどう解決したらええんかな?」
「いい案やな、それで行こう。いつまでにできそうかな?」
「じゃあ、頼むわ。期待してるで。」   (以上関西風でした!)

外部から強制された行動はハッピーではないですが、自ら選択した行動はハッピーです。同じ行動でもそれに至るプロセスの違いで精神状態や意欲に雲泥の差が出ます。

この「質問型のコミュニケーションを使い、相手に取るべき行動を自ら選択してもらう」という手法がコーチングと呼ばれます。(正確にはコーチング・スキル)

人類が幸福を追求しようとすれば、どうあっても外的コントロールはなくさなければなりません。とりもなおさず、コーチングを普及させ、仕事や家庭生活に幅広く取り入れる必要に迫られているというのは明らかですね。これからはコーチングの時代です。

したがってコーチングは今後以下の分野に分かれ、それぞれが発展していくものと思われます。

1.家庭生活におけるコーチング

2.教育現場のコーチング

3.職場のコーチング

4.自己実現のコーチング

円滑な人間関係

意欲の引き出し

発想の引き出し

コーチングにはそれぞれの段階があります。どれもがすべてコーチングです。下に行くほどコーチングとしてはレベルが上がっていきます。

コーチング入門は自分の一番身近なレベルから入ればよいのです。1~3までは特に専任のコーチがいなくても、本を読みながら、自分で工夫するだけでも大きな効果が期待できると思います。

1や2は円滑な人間関係や意欲の引き出しのマネジメント手法として、コーチング・スキルを活用したものです。コーチングを普及させて底辺をかさ上げするには、今後この分野がブレークする必要がありそうです。すでにその手の本が売れています。ただ発想を引き出す助言手法としての側面は弱いです。コーチングには違いありませんが、「子育てコーチ」とか「ママコーチ」などと名乗っている方を見聞すると少々気恥ずかしさは感じます。

3はビジネス・コーチングと呼ばれ、昨今は新しいマネジメント手法として注目されています。マネジメント手法ですが、助言手法としての側面も兼ね備えています。

4はパーソナル・コーチングと呼ばれ、自己実現のコーチングです。コーチングの最終形であり、本来の姿です。助言手法としての意味合いが最も強く、専任のコーチについてもらう必要があります。

サイト管理者

〒555-0001
大阪市西淀川区佃5-12-5-905
コーチング 実践会
代表 杉本良明
sugimoto*zaq.zaq.jp
(*を@に変えてください)
フェイスブック:https://www.facebook.com/yoshisugimoto
スカイプ名:yoshisugimoto

Copyright(C)2011 杉本良明の問題解決コーチング All Rights Reserved.